BicicletTimes

RSS

折り畳み電動アシスト自転車「nCycle」が、「EUROBIKE 2014」に登場

「nCycle」は、シングルフレームの折り畳み電動アシスト自転車

折り畳みに必要な時間は2秒  ヒンジなどは外部からは見えない

「nCycle」ではフレームを収納に利用

2014年8月27日からドイツで開催される世界最大の自転車見本市「EUROBIKE 2014」。その見本市での目玉の1つになるかもしれないのが、折り畳み電動アシスト自転車「nCycle」だ。

「nCycle」は、シングルフレームの折り畳み電動アシスト自転車。「nPower」「nFold」「nLock」「nPoket」という4つの機能を持っている。

「nPower」は、「nCycle」の電動アシスト機能。後輪のハブ部分に装着されたモーターで、搭乗者をアシストする。このモーターを駆動するバッテリーは、外部からは見えないよう、フレーム内に隠されているのが特徴だ。

「nFold」は、「nCycle」独自の折り畳み機構。一般的な折り畳み自転車とは異なり、ヒンジなどは表面的には見えないようデザインされている。 「nFold」機構は折り畳みが簡単なのも特長だ。折り畳むには、フレームをアンロックし「nCycle」を二つ折にする。その後、ハンドルでボディを固 定するだけ。折り畳みに必要な時間は2秒程度だという。

「nLock」は、「nCycle」のロック機構。ハンドルを自転車ロックとして使用するのが特徴だ。ハンドルは通常のチェーンロックなどよりも太いた め、ボルトカッターなどを使用した切断が困難。それにロックを破壊すると、自転車のハンドルが破壊されてしまうので、自転車の価値が下がってしまう。これ は、自転車泥棒のモチベーションを下げるというメリット(?)にも繋がる。

「nPocket」は、「nCycle」の収納機能。通常の自転車では、収納は自転車のハンドル部分に取り付けられたカゴを使用するが、 「nPocket」ではフレームを収納に利用している。「nCycle」のフレーム部分は通常の自転車よりも太いため、雑誌やノート PC などの収納が可能だ。

「nCycle」のコンセプトが初公開されたのは、2013年の初頭。当時、その先進性に誰もが目を瞠った。だがあれから1年半以上が経過した現在では、 「バッテリーをフレームに隠した電動アシスト自転車」も、「ヒンジの無い折り畳み自転車」も、「ハンドルをロックに使用する自転車」も既に世にでてしまっ ている。だがそれでも、これらの機能をすべて搭載し、かつ独特のデザインを持つ「nCycle」の登場に期待するサイクリストは多いだろう。

これは斬新。

坂戸市 自転車用ヘルメット 着用推進に条例案

 坂戸市は、小中学生や高齢者の自転車事故防止や乗車用ヘルメットの着用推進を主眼にした「市自転車の安全な利用に関する条例」案を九月二日開会の市議会定例会に提出する。

 九月補正予算案には、自転車通学の中学生にヘルメットを無償貸与するほか、十六歳未満と六十五歳以上の市民のヘルメット購入に対し二千円を上限に補助するための費用計八百五十五万円を盛り込んだ。

 自転車の安全利用に関する条例は県と戸田市が制定しているが、六十五歳以上の自転車利用者本人にヘルメット着用の努力義務を課した条例は県内初で、全国的にも珍しい。罰則規定はない。

 県条例では児童・生徒の保護者に「ヘルメットの着用その他の(略)安全教育を行うよう努めなければならない」としているのに対し、坂戸市の条例案は保護者に「ヘルメットを着用させるよう努めなければならない」と、ヘルメット着用をより強調した。

 また、県条例は家族が高齢者にヘルメット着用などを助言するよう求めているのに対し、坂戸市は六十五歳以上の利用者本人に着用の努力義務を規定している。

 県外の自治体では、堺市が六月、年齢を定めずにヘルメット着用を努力義務とした条例を制定(十月施行)したが、ヘルメット購入に対する補助は行っていない。年齢を定めてヘルメット着用の努力義務を規定した自治体でも十三歳未満としているところが多い。

 坂戸市内では、今年四~七月で小中学生の自転車事故が十件と、昨年度一年間に並んで急増している。いずれも軽傷だったが、石川清市長は「自転車の 交通事故死者のうち43%がヘルメットを着用していれば助かった可能性があるとの県警の統計があり、着用推進で死亡事故ゼロを目指したい」としている。

ヘルメット購入に補助が出るのは普及の助けになりますね。

ところで。世の中には、ヘルメットをかぶっているにもかかわらず、信号無視等のルール違反を平然と行っているサイクリストがたくさんいます。
安全のためにヘルメットをかぶっているのに、何故あえて危険な走り方をするのか、自分にはさっぱりわかりません。それならヘルメットなしでも正しく走っている人の方が安全に思えます……。

愛媛)自転車で災害現場へ 八幡浜消防がMTB隊発足:朝日新聞デジタル

八幡浜地区施設事務組合の消防本部が、マウンテンバイク(MTB)で災害現場に駆けつける「MTB隊」を発足させた。隊員は6人で、土砂災害で孤立集落が発生した時でも、山道などを走って人命救助や情報収集に向かうことなどを想定している。

 同本部に25日、自転車メーカーのスペシャライズド・ジャパンからMTB6台が贈られた。乗車訓練を経て10月から運用を始める。

 同本部は悪路用のオートバイによる「赤バイ隊」をすでに設けているが、「MTBはより小回りが利く。ガソリンの供給が途絶えても動ける」としている。

これ、災害時に限らず、都会の細い道が多い地域や渋滞が多い場所でも役立つでしょうね。
スペシャライズドが自転車を贈ってくれたのは、愛媛県の日頃の行いが良いからですね。東京都にはくれない気がします。それくらい自転車に対する行政の温度差を感じます。

10月カヤックや自転車、登山で大山頂上目指せ

 カヤック、自転車、登山で、日野川河口から大山山頂を目指す「皆生・大山SEA TO SUMMIT」(10月18、19日開催)の実行委が、参加者(個人かグループ)を募集している。先着300人か、100組に達し次第、締め切る。

 18日は米子市の皆生海浜公園で、環境シンポジウムを開催。 19日には、午前7時に日野川河口をカヤック(約8キロ・メートル)でスタートし、自転車(約23.5キロ・メートル)と登山(約3.5キロ・メートル) を合わせ、全長約35キロ・メートルのコースを駆け抜ける。

 個人(高校生以上)か、2~5人グループ(中学生以上)での参加を選択し、http://www.seatosummit.jpから申し込む。参加費は1人1万800円。カヤック、自転車、登山の必要装備は各自で用意する。

おもしろそうだけどカヤック持ってないや。

「やる気がもりもりわいてきます」 山田美緒さん講演「自転車は世界を繋ぐ」大阪で9月13日開催 - cyclist

 女性アドベンチャーサイクリストで、一般社団法人「コグウェイ」の代表を務める山田美緒さんによる講演会が9月13日、大阪市で開催される。テーマは「自転車は世界を繋ぐ」。講演では、Cyclistで連載された「旅する満点バイク」にもつづられた日本人女性初のアフリカ単独縦断サイクリングをはじめ、中東、アジア、カリブ地域などの24カ国を自転車で旅をした経験をもとに、各地での数々の出会いやエピソードが紹介される。

 山田さんは学生時代、「アフリカを自転車で旅行したい」と思い立って情報収集をスタート。自転車整備を学びながら山で体力づくりに努めるなど準備を進め、事前に日本一周の旅を実現してからアフリカ大陸へと渡った。

 そのアフリカでは、女性の1人旅のリスクを減らすため、頭は丸坊主、胸にはさらしを巻き、時々ヒゲをつけるなど工夫をしながら、ケニアから南アフ リカまで8カ国5000kmを走破。旅での経験から、自転車には国・文化・言葉などあらゆる違いを超えて人を繋ぐ力があることを実感し、卒業後数年の会社勤務を経て、「自転車は世界を繋ぐ」をモットーにコグウェイを設立した。

講演は2部制 サイン入り即売会も併催

 現在は、四国や台湾を舞台にした「ディスカバリーライド」を企画・運営。そのほか学校、企業、地域団体などを対象に10人~3千人規模の講演を 300回以上行なってきた実績を持つ。今春よりシンガポールで暮らし、今回は一時帰国の際に講演に臨む。当日は70枚ほどのスライドを使いながら経験談や旅のエピソードなどを語るという。

 山田さんは、「自転車での旅に興味のある方やこれから何かチャレンジしようと思っている方はもちろん、やりたいことはあるけれど躊躇したり踏み留まったりしている人にもおすすめ。やる気、できる気がもりもりわいてきます」と呼びかけている。

 講演は1時間で定員は20人。講座終了後には、山田さんの著書『満点バイク』のサイン入り即売会が行なわれる。なお、同書を会場へ持参してもサインの対象となる。

[自転車競技] 白戸太朗「しまなみ海道サイクリングの人気を探る」 | スポーツ | 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]

自転車観光 いらっしゃい(青森)

サイクリング中に亡くなった人を追悼する、白い自転車がウルグアイに登場 · Global Voices 日本語

sdasdsda

ここ数カ月の間、幽霊のような白い自転車が、ウルグアイの道路で亡くなったサイクリストに静かなる哀悼の意を表している。同時にこれを見たドライバーや市民の間で、自転車が安全で健康的な移動手段として重要だという認識も高まっている。 

既に世界の200ほどの都市がそのプロジェクトに参加しているように、その取り組みは新しいものではない。ウルグアイで最初のゴーストバイクは、2014年4月27日、サイクリストの ナタリア・マストロヤンニ(22)を追悼して設置された。彼女は2009年8月にモンテビデオのランブラ通りのカラスコ橋近くの交差点で事故に遭った。

白い自転車 キャンペーンは、Ciclovida (訳注:「ライフサイクル」にあたるスペイン語の造語) という、自転車の利用促進と自転車文化を広める組織によって発足したのだが、適切なサイクリングインフラの欠如に注意を向けさせる手段でもあった。 

キャンペーンの目標は、いまや日々国内の道路を通行する乗り物の10パーセントを占めるようになった移動手段、ウルグアイの自転車通行を考える文化的変革を後押しすることである。 

Ciclovidaは、自転車利用と、交通ルール順守の両方の促進を共同で始める目的で、 ウルグアイ道路交通安全局 (UNASEV) の政府の高官にアプローチした。両者はまた、ドライバーとサイクリストに共有の交通スペースでどう振る舞うかのガイドラインを示す公共公共メッセージ「私 たちはみんな交通の一部(We are all traffic)」の認知度を高めることも狙っている。 

モンテビデオ市はさまざまな措置を講じてきたが、その一つが自転車の利用を促進するための新しい自転車レーンだ。 

5月26日にスペインの新聞 El Pais に掲載された、街路の柱にくくり付けられたミステリアスなゴーストバイクについての記事の中で、 CiclovidaのコーディネーターGustavo  Izúsは 「理論上だけでの自転車レーンは危険だ」とコメントした。

このウルグアイの白い自転車キャンペーンは、 2003年にセントルイス(ミズーリ)で生まれ、今日地球上の200を超える都市に反響したゴーストバイク ムーブメントの新たな一歩である。 

既に2台の白い自転車がランブラ通りにある( ランブラ通りとベラスティキ通りの交差点にある2台目は、2014年3月8日に亡くなったサイクリスト、 ワシントン・ゴンザレス(68)を 追悼している)にも関わらず、キャンペーンに気付いている人はほとんどいない、それはソーシャルメディアのコメントからも明らかだ。 

ツイッターでは旅行業界で働いているLaura Lion(@LauraLionGu)のコメントのような見方が一般的だ。

Me preguntaba el significado de las bicicletas. Aqui la respuesta http://t.co/WS2d3fjfHH @elpaisuy

— Laura Lión (@LauraLionGu) Mayo 26, 2014

私はその自転車が何を意味するのかと不思議だった。ここに答えがあったわ。 http://t.co/WS2d3fjfHH @elpaisuy

Cesar A. Martinez(@CesarAMartinezR)はサイクリストとサイクリストたちの路上での振る舞いに疑問を呈している。

También recuerda la imprudencia propia? Q significan las bicicletas blancas encadenadas en las calles? http://t.co/pfJNe64Px3 vía @elpaisuy

— CesarAMartinezR (@CesarAMartinezR) Mayo 26, 2014

これは彼ら自身の過失も称えているの?道路に括りつけられた自転車は何を意味するの?

保守派の国民党ナショナリストグループパートナー(Partido Nacional Agrupación Nacionalista Compañeros)のディレクター、Esteban Jardin氏(@estebanjardin)は公的にキャンペーンをサポートしている。

Muy buena medida es similar a la que hace tiempo se utiliza en New York felicitamos a los promotores http://t.co/jibod9WNvz vía @elpaisuy

— Esteban Jardín (@estebanjardin) Mayo 26, 2014

良い行動だと思う。少し前にニューヨークで私たちも発起人をたたえて似たようなことをしました。

自転車の妙技が集結 初日はサッカーで熱戦 - 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

 自転車の2014室内競技別府大会が23日、別府市のビーコンプラザで開幕した。世界自転車競技連合、日本自転車連盟などが競技普及を目的に開いた。初日は自転車サッカーのワールドカップ(W杯)アジアラウンドがあり、各国代表が力と技を競い合った。
 自転車サッカー(室内)は2人一組で対戦し、自転車を巧みに操って相手ゴールを狙う。欧州を中心に人気がある。同W杯の県内開催は09年以来、5年ぶり。
 今回はオーストリア、フランス、香港、マレーシア、日本から10チームが出場し、予選リーグと順位決定戦で競った。選手たちは激しく競り合いながらバックやターンなど、自転車をまるで自分の体のように動かしながらゴールを狙っていた。
 大会は24日まで。最終日は午前9時半から、アジア室内選手権があり、自転車サッカーと、華麗な技を競う自転車フィギュアがある。井上徹大会実行委員長(61)は「サッカーの迫力、フィギュアの美しさ、高い技術力をぜひ見てほしい」と話していた。入場無料。

自転車1台に100万円―愛好者とりこにする高級自転車

     テッド・ペリーさんは昨年、2万ドル(約207万円)の自転車を買うために確定拠出型年金(401k)の資金を取り崩した。

      カリフォルニア州ダブリンに住むペリーさんは、愛車の07年型ホンダシビックよりも高い自転車を買うことはばかげていると自覚している。だがオーストラリ アの自転車メーカー、バウム製のカスタムメイドの自転車を購入したことに一点の後悔もない。同社の溶接技術、チタン製のフレーム、わずか15ポンド(7キ ログラム)という軽さにほれ込んでいるからだ。

      ペリーさんは51歳。「一番欲しい車や家を買うカネはない」が、自転車なら一番欲しいものを買える、と高価な自転車を購入した理由を語る。「これに乗る と、自転車がほとんど体の一部のように感じられる」という。ペリーさんは鋼板メーカーの製造部門のマネジャーをしている。週に150マイルは自転車で走 る。

     高級自転車の価格は急上昇している。チタンやカーボンファイバーなど高機能の素材、電動ギアなどが価格を押し上げている。全米自転車販売協会によると、昨年、米国の専門店で販売された自転車の平均価格は10年前に比べ75%値上がりした。

     熱烈な自転車愛好家は、平均より裕福で競争心が強く、可能な限り最新型の自転車を欲しがる傾向があるようだ。

     自転車メーカー大手のトレックは、1万1000ドル以上のモデルを7種そろえている。一方、大量生産モデルよりはるかに値の張るハンドメイドの自転車を製造する小さなメーカーも増えている。

     カリフォルニア州ニューベリーパークで自転車店を営むベン・コックスさんは、1万ドル以上の自転車を週に5~10台販売するという。コックスさんは、人数は多くないが、「値段を全く気にしない」顧客が何人かいると話す。

     サクラメントに住むアラン・テイラーさんは熱心な自転車愛好家だ。春にマウン テンバイクを買いに行ったとき3000ドル以上は使うまいと心に決めていた。しかし、アルミ製より5ポンド(2.3キログラム)軽い25ポンドのカーボン ファイバーの自転車に5000ドルをつぎ込んでしまった。

     「乗った距離に応じて自転車の価格を減価償却すると考えれば、安いものだ」とテイラーさん。前の自転車には12年乗ったという。「『マイレージ』じゃなくて『スマイレージ』さ。私はこの自転車がとても気に入っている」と話す。

     専門家によると、自転車の価格が大幅に上昇したのは、カーボンファイバーや高機能の部品が多用されるようになったためだ。カーボンファイバーは航空機や軍用にも使われ、軽量で頑丈である上、振動を抑える特性がある。自転車では車輪のリムやハンドルにも使われている。

     スポーツ用自転車で世界最大手である台湾のジャイアント・マニュファクチャリングのシニア・プロダクト・マーケティング・マネジャー、Andrew Juskaitis氏は、「『カーボンファイバー』という言葉が入ると値段がすぐ3倍になる」と語る。

     同社の ロードバイクの最高モデルは定価で1万0300ドル。Juskaitis氏は、この価格は「成層圏」にあると認める。しかしこうしたトップクラスの商品開 発には高い費用が掛かっており、あまりもうからないという。ボタンに触れるだけでギアが切り替わる電動ギアの価格は昔ながらのギアの3倍に上る。高機能の 油圧ブレーキは通常のブレーキより15%高い。同社はこうした自転車が年に200~300台売れると見込んでいる。

     トロントの自転車メーカー、サーベロにとって最大の費用は研究開発費だ。同社の自転車はベーシックなモデルでも2500~1万ドルする。

      「フレームのデザインが紙に描かれ、ありきたりのパイプを加工して自転車の形にしていた時代、R&Dのコストは大きくなかった」と、同社の共同創 業者のフィル・ホワイト氏は語る。「だが、うちでは、素材の専門家からデザイナー、生産工程のプロ、空気力学の専門家までチームで開発に取り組んでいる」 と語った。

      全米スポーツ用品協会によると、昨年6回以上自転車に乗った米国人は3560万人だった。1989年の5700万人からかなり減少している。しかし、最近 は、昔よりも熱心な人が増えているという。スポーツ&フィットネス産業協会によると、昨年26回以上自転車に乗った人は2140万人に達し、近年に比べや や増加した。

     同協会によると、自転車に入れ込んでいる人の中で世帯収入が10万ドル以上ある人は30%にのぼるという。米国勢調査局によると、10万ドル以上所得のある世帯は全体の22%にとどまっている。

      もっとも、自転車好きが誰でも自転車にこれだけのカネをかける価値があると思っているわけではない。サウスカロライナ州サマービルのデーブ・ムールトンさ んは1990年代に引退するまで30年間自転車を組み立て販売していた。ムールトンさんは、大手メーカーが組み立てたカーボンファイバーの高価な自転車は 「スノッブ」か、過度に軽さにこだわる人にしか価値がないと考えている。数十グラムの違いは普通の人には関係ないと思うからだ。

      整形外科医のジョン・プライヤーさん(38)は、2年前に専門医の試験に合格したとき、自分へのお祝いに1万ドルのセブン・サイルクス製の自転車を購入し た。このバイクは自転車版モトクロスであるサイクロクロス専門だ。プライヤーさんは昔、この競技の選手をしていた。USAサイクリングの調べによると、サ イクロクロスは最近人気が急上昇しており、参加者は2005年の4倍に増えているという。プライヤーさんはその後、セブンサイクルスの長距離用の自転車も 購入した。

     2台目を購入するのはプライヤーさんに限ったことではない。同社の創業者のロブ・バンダーマークさんによると、セブンサイクルスで自転車一台に7500ドル以上を支払う顧客の99%は2台以上の自転車を持っているという。


高い自転車の良さは理解できるし、買うのは自由だし、自分だってそりゃあ高い自転車に乗ってみたいと思うよ。でも、安い自転車に乗っている人をバカにしたり、危険な運転をするような人は、すごーく嫌い。